So-net無料ブログ作成

にちにち瓦版

なるべく日刊で話題、ニュースをコメント

 

国立がん研究センターの日本人は影響小さい、って本当? [ニュース]

国立がん研究センターの公表で、
日本人には影響小さい、っていうニュース。

なにが影響小さいか、っていうのが、
国際がん研究機関(IARC)が発表した

「赤肉や加工肉には大腸がんなどの発がん性がある」

についてです。

国立がん研究センターは、日本人の赤肉や加工肉の
摂取量からいって影響はないか、あっても小さい、
といってます。

8万人を対象とした追跡調査の結果が根拠みたいです。

8万人の調査対象っていう人数がどうなんでしょうか。

総務省統計局によると
平成27年10月1日現在の日本人の人口が1億2689万人。
前年同月より20万人減少してるんだとか。

8万人÷1億2689万人=0.063%

0.063% って。

0歳~3、4歳児が赤肉や加工肉を口にするか、
はおいといても調査対象が1%にも満たないのに、

日本人全体の結論にしていいんだろうか~~~?

8万人ってどんな年齢層なのか、
いつから調査を始めて調査期間はどのくらいなのか、

赤肉や加工肉を食べてる調査対象が、がんの影響が少ない、
ってすぐにわかるものなのか?

遺伝子の研究が進んでて、がん発症の可能性が
わかる時代にはなってるんでしょうが、

なんか違和感を感じる、のは私だけぇ?


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

青木さやかの本気ダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。